ダイナースクラブカードで使える電子マネーはApple Pay!海外でもiPhoneで支払い可能!

dinerscard_applepay

2020年4月から、『ダイナースクラブカード』でもApple Payに登録できるようになりました。iPhoneを所有しているユーザーには待望のApple pay対応ということになります。

ダイナースクラブカード』はクレジットカード最高峰のステータスを誇り、数々の優待サービスが付帯するトラベル&エンターテイメントカードとして人気ですが、Apple payに登録できるようになったことで、さらなる利便性アップに繋がります。

ダイナースクラブカードがいよいよApple payに対応!iPhoneユーザーにとって待望の朗報!

Apple payに対応しているのはレギュラーカードやプレミアムカードほかANAダイナースなどもOK

dinersclubcard_applepay

ダイナースクラブカード』がApple payに対応したのは2020年4月1日。iPhoneユーザーにとってはようやくといった感もあるかもしれませんが、これで、『ダイナースクラブカード』とiPhoneをセットで活用できるようになりました。

ちなみにApple payに対応しているのは、レギュラーカードの『ダイナースクラブカード』ほか、上位カードの『ダイナースクラブ プレミアムカード』、そして『ANAダイナースカード』の3券種をはじめとした、三井住友トラストクラブ株式会社発行のカードです。

Apple payに対応したダイナースクラブカード3券種
ダイナースクラブカード ダイナースクラブ プレミアムカード ANAダイナースカード
dinersclub_regular dinersclub_premium anadiners
ダイナースクラブのレギュラーカードで、ゴールドカードに匹敵するハイステータスカード。旅行やグルメなどの特典も充実し、トラベル&エンターテイメントカードの代表格として人気 ダイナースクラブの最上位カード。高額な年会費ながら他社プラチナカードをも凌ぐステータスカードとして憧れる人も多数 ダイナースクラブとANAの提携カード。マイラーの間でもマイルの貯まりやすいカードとして人気。ダイナースクラブの優待特典も利用可

上記のカード以外でも、『銀座ダイナースクラブカード』や『BMWダイナースカード』などすべてのダイナースクラブカードが対象ですし、ダイナースクラブ ビジネス・アカウントカードやダイナースクラブ コンパニオンカードなどのほか、家族カードも登録可能です。

ただし、以下のカードは未対応です。

  • ダイナースクラブ コーポレートカード
  • コーポレートコンパニオンカード

以上のように、コーポレートカードなどは対応していないので注意してください。

ダイナースクラブカードをApple payに登録するとQUICPay加盟店で利用OK!ポイントも貯まる!

applepay_QUICPay

ダイナースクラブカード』をApple payに登録すると、ポストペイ型(後払い式)電子マネーの「QUICPay」として割り当てられます。QUICPayは事前チャージ不要で決済できるメリットがあり、クレジットカードと紐づけることで利用できる便利な電子マネーです。

ダイナースクラブカード』をApple payに登録しておくだけで、コンビニやドラッグストアなど全国のQUICPay加盟店で利用可能となり、小銭の必要なシーンでもキャッシュレスでスマートな決済が可能になるので非常に便利です。

Apple payに対応したデバイスは?

ちなみにiPhoneなどを所有していても、すべてのデバイスがApple payに対応しているわけではありません。Apple payを利用するには、以下のデバイスを所有している必要があります。

iPhone Face ID搭載モデル
Touch ID搭載モデル(iPhone5s除く)
iPad Face IDまたはTouch ID搭載モデル
(iPad Pro、iPad Air、iPad、iPad mini)
Apple Watch Apple Watch Series1および2以降
Apple Watch(第1世代)

目安としては、iPhone 7やiPhone 7 Plus以降であればApple payを利用できます。

ダイナースクラブカードのApple Payは海外でも使える!Mastercard®コンタクトレスマークがあればOK

Mastercard®コンタクトレスマークダイナースクラブカードをWalletに登録しても、右下にはダイナースクラブカードのマークが現れません。日本国内用のQUICPay(クイックペイ)マークだけです。

そのため、海外で使えるかどうか不安なところがありますが、実際にはダイナースクラブカードは「Mastercard®コンタクトレスマークのある海外の店舗で利用できます」。これはおそらく、Master Cardのシステムを利用させてもらっているからでしょう。

マスターカードのマークを出すわけにはいかないので、国内用のQUICPay(クイックペイ)のマークしかない、というのが正解のようです。

海外ではApple Payのマスターカードコンタクトレスで支払えばOK

そのため、海外のお店でダイナースクラブカードのApple Payで支払う際は、ダイナースクラブカードではなく、「マスターカードコンタクトレス」で支払う旨を店舗で伝えてください。

Apple payが使えるダイナースクラブカード3種類

王道のダイナースクラブカードでApplePay

銀座ダイナースクラブカードでもApple Pay

ANAダイナースでもApple Payが使えます!

ダイナースクラブカードの利便性がさらにアップ!Apple payへの登録方法

ダイナースクラブカードがApple Payに登場のイメージ

ダイナースクラブカードをApple payに登録する方法は超簡単!たった3ステップで完了

ダイナースクラブカード』をApple payに登録する作業はまったく手間がかかりません。3ステップで簡単に登録することができます。

iPhoneの場合
STEP1 カードの追加 「Wallet」アプリを開き、「+」か「カードを追加」をタップ
STEP2 カード情報の登録 端末でダイナースクラブカードをスキャンもしくは手動でカード情報を入力
STEP3 必要事項入力 案内にしたがってセキュリティコードなど必要事項の入力や利用条件等を確認して完了
Apple Watchの場合
STEP1 iPhoneから「Apple Watch App」アプリを開き、「マイウォッチ」を表示して登録してあるApple Watchを選択後「WalletとApple pay」をタップ
STEP2 「カードを追加」からダイナースクラブカードを追加後「次へ」をタップ
STEP3 ダイナースクラブカード側で行われる確認が終わったら「次へ」をタップして完了

iPhoneの場合、もし端末上で「Wallet」アプリが見当たらないという場合は端末の検索機能で簡単に見つけられます。Siriを使えば簡単に見つかります。登録方法の詳細については、公式サイトなども参照するようにしてください。

ダイナースクラブカードを登録したApple payの利用方法

ダイナースクラブカードを登録したApple payはFace IDやTouch IDから利用可能

applepay_how_to_use

ダイナースクラブカード』を登録したApple payを利用するには、iPhone端末の認証システムである「Face ID」や「Touch ID」を使って決済を行います。

Apple payの利用方法自体はまったく難しいことはなく、

  1. QUICPay加盟店にてQUICPayで支払うことを店員に伝える
  2. Face IDやTouch IDで認証
  3. iPhone上部をカードリーダーにかざして決済完了
    ※「クイックペイ」という決済音が鳴ればOK

以上の3ステップで完了します。

では、Face IDとTouch IDそれぞれで認証する方法について説明しておきましょう。

Apple payをFace IDで認証する場合

Face IDは顔認証で本人確認を行うシステムです。Face IDを使ったApple payの利用手順は以下のとおりです。

STEP1 iPhone本体のサイドボタンをダブルクリックする
STEP2 iPhoneの画面を見る
STEP3 認証されると「リーダーにかざしてください」と表示されるのでiPhoneの上側をカードリーダーにかざして完了
Apple payをTouch IDで認証する場合

Touch IDは指紋による認証システムです。Touch IDでのApple pay利用方法は以下のようになります。

STEP1 Touch IDに指をのせる
STEP2 iPhoneの上側をカードリーダーにかざして完了

Face IDでもTouch IDでも、どちらでもスピーディーに決済できます。ただし、Face IDはサイドボタンをダブルクリックしなければならないのに対して、Touch IDの方は指をのせるだけで利用できるので、利用しやすさはTouch IDの方に分があるかもしれません。

ダイナースクラブカードをApple payに登録するメリットと注意点

ダイナースクラブカードをApple payに登録すれば電子マネー決済でポイントが貯まる!SuicaチャージもOK

ダイナースクラブカード』をApple payに登録すれば、全国のQUICPay加盟店で利用できるようになるのがメリットです。カードリーダーにiPhoneをかざすだけで決済が完了するので非常に手軽でスピーディーです。小銭いらずですし、わざわざ手元にカードを用意する必要もなく、忙しい現代人にもマッチした決済方法と言えるでしょう。

ちなみに、QUICPayを利用できる主なお店は次のようになっています。

カテゴリ 主なQUICPay加盟店
コンビニ ・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・デイリーヤマザキ など
スーパー ・イオン(イオングループ各店)
・イトーヨーカドー
・アピタ など
百貨店・SCなど ・近鉄百貨店
・阪急百貨店
・阪神百貨店 など
ドラッグストア ・スギ薬局
・富士薬品グループ(セイムスなど)
・ツルハドラッグ など
ガソリンスタンド ・ENEOS
・昭和シェル石油
タクシー ・東京無線タクシー
・日本交通
・国際自動車グループ など
書店・レンタルなど ・紀伊國屋書店
・蔦屋書店
・TSUTAYA など
家電 ・ノジマ
・ビックカメラ
・ヨドバシカメラ など
ファッション ・しまむら
・Right-on
・アベイル など
レジャー ・東京ディズニーリゾート
・ユニバーサルスタジオジャパン
・横浜八景島シーパラダイス など
グルメ ・藍屋
・いきなりステーキ
・ガスト
・ココ壱番屋
・かっぱ寿司 など
その他 ・成田空港や関西国際空港などの空港施設
・auショップ
・メガネスーパー など

上記はあくまでも代表的な加盟店に過ぎません。上記以外にも様々な加盟店があり、有名な企業も多数加盟しています。電子マネーの使えるお店なら大抵はQUICPayにも加盟しているケースが多いので、利便性は高いです。

先述しましたように、QUICPayはクレジットカードと紐づけて後払いとして利用できる電子マネーなので、請求はクレジットカードと合算です。そのため、QUICPay利用分もしっかりとポイントを獲得できるのがメリットです。もちろん、『ダイナースクラブカード』や『ダイナースクラブ プレミアムカード』であれば、「ダイナースクラブ リワードポイント」が貯まります。

ダイナースクラブ プレミアムカードはApple payでのポイント還元率が下がるので注意

ダイナースクラブプレミアムカードの券面イメージダイナースクラブカード』や『ダイナースクラブ プレミアムカード』を登録したApple payでQUICPayの決済を行った場合、レギュラーカードの『ダイナースクラブカード』は通常のカードショッピングと同じ100円=1ポイントのポイントを獲得できます。

Apple payの場合はカードの種類による獲得ポイントに違いがないので、どのカードを登録しても還元率は一律で100円=1ポイントとなっています。そのため、通常ショッピングでは100円=1.5ポイントを獲得できる『ダイナースクラブプレミアムカード』に関しては、Apple payだと100円=1ポイントに下がってしまうので注意です。

カード名 通常のクレジット決済で獲得できるポイント Apple payのQUICPayで決済した場合に獲得できるポイント
ダイナースクラブカード 100円=1ポイント 100円=1ポイント
ダイナースクラブ プレミアムカード 100円=1.5ポイント 100円=1ポイント

QUICPayを利用するシーンは少額決済がほとんどとなりますので、還元率がちょっと下がったからといって著しいデメリットにはなりませんが、Apple payを利用する際は還元率が下がってしまうということは承知しておいて損はないでしょう。

Apple payならSuicaも使えて通勤にも便利!ただしそのままだとチャージ分のポイント付与ナシ!

Apple payの利便性といえば、やはり人気の交通系電子マネーであるSuicaをiPhoneで利用できる点でしょう。Android端末のようにモバイルSuicaを利用できなかったiPhoneユーザーにとって、Apple payの登場でSuicaを利用できるようになったのは非常に大きなメリットとなっています。

もちろんApple payに登録した『ダイナースクラブカード』でApple payのSuicaにチャージすることも可能です。ちなみに、Apple payのSuicaにチャージした利用分については、残念ながらポイント付与の対象外となります。

ダイナースクラブカードでお得にApple PayのSuicaにチャージする方法

ダイナースクラブコンパニオンカードならApple payのSuicaチャージでポイントが貯まる!

TRUST CLUBプラチナマスターカードの券面イメージただし、ダイナースクラブコンパニオンカードなら、Apple payのSuicaにチャージした利用額分もポイントを獲得できます。

ちなみにコンパニオンカードとは、『ダイナースクラブカード』と『ダイナースクラブ プレミアムカード』だけが発行を受けられるMasterCardブランドのサブカードです。

本カード コンパニオンカードとして発行されるカード
ダイナースクラブカード ダイナースクラブコンパニオンカード
(TRUST CLUB プラチナマスターカード)
ダイナースクラブ プレミアムカード ダイナースクラブ プレミアムコンパニオンカード
(TRUST CLUB ワールドエリートカード)

コンパニオンカードとして発行されるのは、『ダイナースクラブカード』の発行元である三井住友トラストクラブ株式会社が発行するMasterCardブランドのカードで、コンパニオンカードとして発行される場合は年会費無料で所有できます。コンパニオンカードについての詳細は別記事でご紹介していますので、そちらを参照してください。

ダイナースクラブコンパニオンカードでお得にSuicaにチャージするにはApple pay払いが必要!

ダイナースクラブカード』や『ダイナースクラブ プレミアムカード』では、Apple payのSuicaにチャージしてもポイントが付与されませんが、コンパニオンカードではApple payのSuicaにチャージした分もしっかりポイントを獲得できます。

Apple payのSuicaにチャージする場合、Apple payからコンパニオンカードで支払えば100円=1ポイント獲得できます。

コンパニオンカードのSuicaチャージなら還元率1%!Apple Payからチャージ

一方、Suicaアプリからクレジットカードのチャージを選ぶこともできます。

その場合、「ダイナースクラブ プレミアムコンパニオンカード(TRUST CLUB ワールドエリートカード)」であれば100円=1ポイントを獲得できますが、「ダイナースクラブコンパニオンカード(TRUST CLUB プラチナマスターカード)」では200円=1ポイントとなり、還元率が下がってしまいます。

SuicaにチャージするならSuicaアプリからではなく、必ずApple pay払いにした方がお得です。

ダイナースクラブカードとApple payのまとめ

ダイナースクラブカードをApple payに登録可能となったことで利便性増大!

applepay_dinersclubcard_image

キャッシュレス時代全盛の昨今、スマホ決済とクレジットカードの組み合わせでよりお得に活用できることが当たり前になり、Apple payの登場でスマホ決済の存在がより身近になりました。

これまで多くのクレジットカードがApple payに対応してきましたが、ようやく2020年4月1日から『ダイナースクラブカード』もApple payに対応しました。

QUICPayやSuicaなどの電子マネーと紐づけられるようになり、豪華な特典とあわせてより便利に

Apple payに登録できることになったことで、国内最高峰のステータスを誇る『ダイナースクラブカード』の活用シーンが一気に拡大。豪華な特典が付帯し、価値のある人生を送るためのサービス提供にこだわり続けるダイナースクラブにApple payの利便性が加わり、さらなる魅力的な利用価値が誕生したことになります。

ランキング
三井住友VISAデビュープラスカード
目的で選ぶ!クレジットカード
「お得」重視派
「海外旅行」重視派
「審査」重視派
入会キャンペーン
カード会社一覧
国際ブランド
「銀行」
「信販」
「航空」
「交通・鉄道」
「流通」
「コンビニ」
「通信・その他」
「ガソリン」
「ファイナンス」
新着・更新情報

目的で比較。選べる!おすすめクレジットカード

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2020 Agoora.inc.

TOP